Staff Blog スタッフブログ

写真を撮るときに

フリマアプリやSNSに画像をあげている人は意識していると思いますが、被写体によって効果的な撮り方がちがいます。

例えば物件写真だと、

リビングなどの居室は、天井高の半分の高さで撮ると広さがわかりやすい。

キッチンは上から全体が入るように撮るが、女性の目線くらいの高さだと、使い勝手などを考えやすい。

和室は床に座ったときの目線くらいの高さだと、雰囲気がわかりやすい。

洗面・浴室は鏡への映り込みに注意。

といった撮影のコツがあります。

DSC06368

コロナ禍の影響から内見に行けない人のために、賃貸物件紹介のサイトに360°パノラマ画像や動画を掲載するところも増えています。オンラインで内見WEB上のやり取りだけで物件を決めることも多かったそうです。

売買ともなると、一度も物件を見ないで契約する人はそうそういませんが、画像や間取図などの情報がしっかり準備されていないと内見の検討もしてもらえない可能性が高いです。

お客様に物件を検討いただくためのものですから、きちんと物件の魅力や雰囲気、特徴が伝わる写真になっているか、今後も気をつけていきます。

スタッフブログ スタッフブログ

お気軽にお問い合わせください