Staff Blog スタッフブログ

2021年の節分

2021年の節分は124年ぶりに2月2日。恵方は「南南東やや南」ということです。

全国で定着した恵方巻ですが、皆さんのご家庭でも召し上がっていますか?

もちろん自宅で作るという方もいらっしゃるとは思いますが、手軽に買って帰れて夕食が整うというこも短期間で定着した理由の1つだということです。

地域によっては、柊(ヒイラギ)の枝に鰯の頭を挿した「やいかがし」や目籠を玄関に掲げたりといった魔除けを行ったり、

「かわらけ割り」や「節分お化け」など厄除けを行なったりと、古くから伝わる風習が残っているところもあります。

立春・立夏・立秋・立冬の前日で「季節を分ける」という意味である節分。

現代では2月の節分だけが残っているだけですが、お子さんと一緒に由来や意味などを考えながら豆まきをしてみるのもいいかもしれませんね。

ß•ª03

スタッフブログ スタッフブログ

お気軽にお問い合わせください