Staff Blog スタッフブログ

空家対策の情報提供拡大

空家の所有者は、空家を適切に管理しなければなりません。しかし、遠方の実家などを相続したり、長期の転勤や福祉施設への入居などのやむを得ない転居のために、空家となった建物を管理できなくなる方もいらっしゃいます。

適切な管理が出来ていない空家は気づかないうちに老朽化が進み周辺住民の生活に悪影響を及ぼすことがあります。

令和2年1月1日より、「豊橋市空家等対策協力事業者情報提供実施要綱」が施行されました。

これまでWEBサイトには解体事業者のみ情報提供されていましたが、空家に関する他の業務(空家の管理・修繕、売買等の相談、庭木の伐採や動物への対応等)の事業者情報も公開されました。

情報の範囲が拡がったために所有者の方から問い合わせがしやすくなったのではないでしょうか?

WEB←豊橋市HP

中古住宅として手放す、賃貸住宅として借主を募集するために修繕する、空家のまま維持するために管理を依頼するなど、解体以外の選択肢を検討している場合にも、どこの会社で対応できるのか一覧になっているのでわかりやすいと思います。

もちろん弊社も登録し、さっそくご相談の連絡をいただきました。

過去には相続人の意志がバラバラなのでまとめてほしいといった一歩踏み込んだ相談を受けたこともあります。

所有者のご希望や、物件の状況、補助金の利用や税金の控除対象になるか等、専門家に確認しながら合わせてご提案していますので、東三河にお困りの物件があればぜひ一度ご相談ください。

スタッフブログ スタッフブログ

お気軽にお問い合わせください