Staff Blog スタッフブログ

空き家の6割が破損!?

IMG_6490
なぜリノベーションなの-1

今年の5月に空き家対策特別措置法が全面施行されましたが、その後の国交省の調査で、居住者の長期不在などで空き家になっている全国の住宅のうち、6割近くが朽ちたり破損したりしていることがわかったそうです。今後5年の利用方針では「空き家にしておく」が32%でもっとも割合も高く、対策の緊急性は高まっているものの、まだまだ、関心の薄い現状があるようです。

空き家は破損が進むと災害時など、倒壊や火災の危険を招いたり、近所の人の安全が脅かされるほか、街の治安や景観も損ねます。

国交省は空き家対策特別措置法の全面施行に続く対策を検討しており、旧耐震基準(昭和56年以前)で建てた戸建住宅などを対象に、相続して3年以内に取り壊しや耐震リフォームを施し、建物や土地を売却した場合、譲渡所得から3,000万円特別控除する税制を検討しているようです。(2015.12.4 日本経済新聞より)
全国の半数以上の空き家が活用もされずに朽ちているなんて!とにかくエコじゃないですよね!!
山本

スタッフブログ スタッフブログ

お気軽にお問い合わせください