Staff Blog スタッフブログ

熱中症対策

感染症対策としてマスクの着用や外出の自粛は効果的ですが、熱中症のリスクを高める要因となるようです。

人の吐く息はだいたい体温と同じ36℃、湿度は100%。マスクの中は常に高温多湿の状態です。

熱が外に出にくくなり体内温度が上がってしまう一方で、口の中が乾きにくいためのどが渇いていることには気づきにくく、自覚がないまま脱水症状になってしまうことがあるということです。

また、外の暑さに体が慣れていないことや、汗をかく機会が少なく発汗による体温調節がうまくいかないということもあるそうです。

2041253

室内での熱中症予防のためにはエアコンの活用が有効です。ただし、家庭に設置しているエアコンのほとんどが、部屋の中の空気を冷たくしたり暖かくしたり空気を循環しているだけで、外の空気と入れ替える換気は行っていません。

感染症対策のためには窓の開放や換気扇をまわして換気を行う必要があります。しかし、換気をしながらのエアコンの使用は、効率が悪く設定温度を例年よりも下げるなど工夫が必要です。

電気代が上がってしまうのではないかと心配になってしまいますが、給付金も出ましたし、この夏を健康に乗り切るには重要な出費と思ってうまく活用しましょう。

 

スタッフブログ スタッフブログ

お気軽にお問い合わせください