Staff Blog スタッフブログ

地盤調査・改良

戸建住宅2棟の計画が進んでいます。

どちらも2階建ての木造住宅ですが、1棟は軸組工法(在来工法)、もう1棟は枠組壁工法(2×4工法)です。

まずは建築予定地の地盤調査を行いました。小規模建築物の建設の時に一般的に行うスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)を用いて行いました。(2020年10月のJIS改定でスクリューウエイト貫入試験と名称が変わっていますが、ここでは馴染みのある旧名を使わせてもらいます。)

調査結果から検討し、浅層での改良の必要があることが分かったので、MS工法での改良を行いました。

地盤を格子状に掘削し、この掘削土にセメント系固化材を添付して混合した改良土にして、転圧機で締め固めながら埋め戻し、改良体を築造する工法です。既往の全面浅層地盤改良工法に比べて、掘削量も固化材量も低減することができ、コストと環境負荷両方の低減を意図して開発されたそうです。

←改良前 ←改良後

改良が終わりましたので、次はこの上にベタ基礎を作成していきます。建築途中の様子はそれぞれご紹介していきますので、お楽しみに。

スタッフブログ スタッフブログ

お気軽にお問い合わせください