Staff Blog スタッフブログ

土地区画整理事業地

以前にもお話した通り、現在豊橋では施工中の区画整備事業が三か所あります。

牛川西部土地区画整理事業地、柳生川南部土地区画整理事業地、牟呂坂津土地区画整理事業地になります。

どの事業地も完了するのがまだ3年から5年程かかる見通しですが、水道や電気など整備が進んでおよそ建築などできるようになった場所から使用収益の開始とされ、売買や建築など活用ができるようになります。

ここ最近ですが、続けて区画整理事業地から不動産売却のご依頼をいただくことができました。

一般の市街化区域の土地よりも調査に注意が必要なことがあります。事業施工中ですので道路や水道など将来的には状況が変わったりすることもありますので、市役所の区画整理課や組合などから綿密に確認する必要があります。

IMG_2428

さらには、単純に売るお話だけではなく、電柱の位置や今後の整備計画など場合によっては、組合と地主様の間に入り調整役をする必要もあります。

地主様が将来ご自身で使いたいのか、それとも予定がないので売却を希望されるのか、状況はそれぞれです。

また区画整理となると土地の大きさが1割から2割程度小さくなることがあります。それによって土地の使い勝手が悪くなってしまう方も実際にはいらっしゃいます。

隣接地の方との間を取り持ち、一緒に売却の相談をまとめることも不動産仲介業者の大きな役割の一つだと思います。

土地によって様々な状況がありますが、お客様の資産をより良く活用できるような提案ができればと思いますので、何かご相談がありましたらお気軽にお声がけください。

スタッフブログ スタッフブログ

お気軽にお問い合わせください