Staff Blog スタッフブログ

建築・不動産の注目ニュース ~住宅ローン金利~

新年が始まりあっという間ですね。年末年始、ゆっくり過ごすことができました。休み明けからまた本格的に仕事が軌道に乗るまで時間がかかりましたが、何とか今年も1年のスタートが切れたという感じです。

テレビでニュースを見ると、様々な物の値段が上がってきているという話が去年から続いています。建築業界では、ウッドショックから始まり、サッシ、ガラス、住宅設備、人件費などなかなか値上がりについては厳しい状況が続いています。

金利についても最近動きが出てきており、私自身が住宅ローンを利用していることもあり、注目のニュースの一つです。

私が不動産の仕事を始めてから、金利は常に下がる一方で、各銀行がいかに低い金利で提案できるかを競っているような状況でした。金利の競争によって、地元の銀行だけでなく、東海3県の銀行も豊橋に入ってきているという感じがしています。

住宅ローンは、名前の通り、住宅を建てるために使う資金を借入できるものです。私も自分自身がローンを申し込んでわかったのですが、各銀行によって住宅ローンも少しずつルールが違います。基本的には住宅の建物へ借りたお金を使うことができるのですが、それに付随する外構工事費用、家電・家具の購入などには使えるかどうか、銀行によって異なります。

自動車ローンや他のローンに比べて、住宅ローンの金利はかなり低いです。変動金利で今では0.5%を下回るということも聞いたことがあります。

実際に計算してみますと、0.5%の金利で5000万円の借入、35年ローンだとすると、総返済額は約5450万円程となり、1割弱ほどの金利を支払うことになります。こちらが金利0.75%になると総返済額は5686万円、金利1.0%となると総返済額5928万円と上がっていきます。今後の金利上昇は避けられないと思われますが、住宅ローンを申し込まれる方や、住宅業界に携わる方にとって注目のニュースですね。

私は現在変動金利を選択しています。固定金利より利率が低いというのが魅力的ですが、今後の金利上昇によっては、長期の固定金利を選ばれた方がお得になる可能性も出てきているのではないかと思います。固定金利に変えようか、私自身も悩ましいところです。

 

金利が低いことには良いに違いありませんが、地元の銀行には対応力や、窓口、店舗数など良さがあります。金利の競い合いという状況からまた変わってくるのではないかと思いますが、数字だけでなくサービス内容などプラスアルファの提案が大切になってくるのではないかと思います。

建築業界も値上げが続いていますが、私自身、価格に見合う提案やサービスをできればと思います。

 

◇◆お問い合わせはこちらまで◇◆
一幸建設株式会社
住所:愛知県豊橋市大山町字西大山52番地
電話:0120-150-564

「Reborn東海(りぼーんとうかい)を見ての問い合わせ」と言ってもらえると助かります。

スタッフブログ スタッフブログ

お気軽にお問い合わせください