Staff Blog スタッフブログ

住宅の寒さ対策をリフォームで行いませんか?

11月に入り、昼間と夜の寒暖差が大きくなりました。豊橋の11月の平均気温が14℃前後ですので、これからまだまだ寒くなっていくのでしょう。寒暖差が8℃以上になると紅葉が始まるそうです。毎朝、岩田運動公園前を通るのですが、豊橋市内でも紅葉は始まっているのがわかります。

この時期になると脱衣所や洗面所、トイレの寒さが気になります。室内の温度差や熱い湯に入浴することが原因で、血圧が大きく変動するヒートショックを起こしてしまう人が多くなるのもこの時期だそうです。

特に昔からあるタイルで出来たお風呂は断熱が足りていなかったり、換気のために大き目の窓がついていることもあって温まりにくく、震えがくるような寒さを経験したことがある人も多いのではないでしょうか?

その症状はとても危険で、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こします。残念ながら亡くなられてしまう人は交通事故よりも多いそうです。

OL

入浴前ににシャワーでお湯を出して浴室内を温めたり、脱衣所に暖房器具を置いて入浴前だけでなく出た後の温度差を防いだり、工夫することはできます。

しかし、せっかく温めても冷たいタイルや大きな窓から外の寒さに熱を逃がしてしまい長くは続きません。

断熱性能の高いユニットバスにリフォームするのをおススメします。天井、壁、床に保温材がプラスされているものを選べば、冷たい空気の伝わりを防げて浴室内の温かさを持続することができます。

また、内窓や浴室乾燥暖房機や洗面室暖房機を合わせて設置することで効率の良い暖房を行うことができます。

大きな段差も解消されたり、掃除が楽になったりとリフォームするといいことはたくさんあります。

私の両親が住む実家も昨年リフォームして快適になったそうです。

皆様も是非ご検討ください。

 

スタッフブログ スタッフブログ

お気軽にお問い合わせください