Staff Blog スタッフブログ

こんなキッチンリフォームをしてみました。

営業の小柳津です。

今までいろいろなキッチンリフォームに携わってきましたが、

先日行った工事がちょっとレアな内容でしたのでご紹介したいと思います。

 

キッチンリフォームで多いのは、設備をまるごと新しく取り替える工事だと思います。

次に多いのは個々の機器交換でしょうか。故障してしまったガスコンロや換気扇、

水栓器具などを最新の機器に交換するといった工事ですね。

今回ご紹介するのは、ジャンルとしてはその機器交換の部類になると思いますが、

レアな内容だったのは『システムキッチンの天板交換』です。

 

元々10数年程前にシステムキッチンへのリフォームを済まされていたI様ですが、

「ガスコンロの調子が悪くなってきたので交換を考えたいけど、これを機に

キッチン天板をステンレス製から人造大理石製に取り替えできませんか?」

とご相談いただきました。

キッチンを拝見すると、とてもきれいに保たれており、大切にお使いいただいている

のが一目でわかりました。まだまだ現役で使える状態です。でも天板を変えることで、

キッチンに華やかさが加わり、空間だけでなく調理や献立にも彩が増すことでしょう。

 

ただ、天板取替は、メーカーや商品によっては製造終了だったり、対応不可だったりで

必ずしも取替ができるとは限りません。むしろできない場合のほうが多いです。

しかし今回は、現行品の天板が取り替えにも使えるとわかり、幸いにも工事が可能でした。

更にI様には日頃の使い勝手を踏まえて、シンク・調理台・コンロの間隔についても考えが

ありましたので、できるだけご希望に叶う寸法を検証してからオーダーに入りました。

 

 

完成画像はこちらです。

人造大理石の質感がワンクラス上のキッチンを演出しています。

 

 

調理スペース、シンクやコンロ際の間隔など数センチにもこだわりました。

作業効率は少しでも良くしたいですよね。

 

 

ついでに水栓金具も新調しました。スタイリッシュでおしゃれな人気の水栓金具です。

シンクも現行品ということもあり、使いやすさやお手入れのしやすさが向上しています。

 

 

ガスコンロのガラストップは、シックなイメージでもインパクトがあるブラック色に。

オートグリル機能もついているので、お料理のバリエーションがまた増えますね。

 

経年の古さが少し気になり始めていたキッチンでしたが、見事に生まれ変わりました。

毎日立ち、触れるところだからこそ、こだわりたい想いや叶えたいことがあります。

まだまだ使えるものをアップデートして大切に使い続ける。

こんなリフォームも素敵だと思います。

 

スタッフブログ スタッフブログ

お気軽にお問い合わせください